家庭用光脱毛器のメリットとデメリットとは

インターネットの通信販売や家電量販店などで家庭用脱毛器が販売されているのをよく目にしますが、そんな家庭用脱毛器には主に脱毛サロンの光脱毛と同じ仕組みの「光脱毛器」、病院のレーザー脱毛と同じ仕組みの「レーザー脱毛器」、そしてカミソリのようにムダ毛を剃っていく「サーミコン方式」の3種類があります。サーミコン方式に関しては肌の上に見えている毛だけを処理する仕組みとなっています。いずれの家庭用脱毛器も高い物では10万円を超えるものもありますが、やはりどちらかと言えば値段の高い商品の方が高い効果を得られるようです。一度購入してしまえばいつでも好きな時にムダ毛処理ができるのがメリットで、仕事が忙しくてエステや病院へ行けない人、小さな子供がいてなかなか外出ができない人、脱毛サロンへ行くことに抵抗のある人などに人気ですね。ちなみに家庭用レーザー脱毛器となると「永久脱毛ができる?」と思う人がいるかもしれませんが、永久脱毛は医療行為なので病院でしか施術を行うことができません。どのような家庭用脱毛器を選んでも永久脱毛の効果はなく、使い続けている間はムダ毛を生えてこなくさせることはできますが、使用を中止するとまたムダ毛が生えてくるのがデメリットです。そしてどのような機種を選んでも定期的にカードリッジなど付属品の交換が必要でそのための費用がかかるのもデメリットで、満足できるまで処理するために必要な費用を考えると、最近では脱毛サロンの料金が安くなってきているのでどちらが安いかということをチェックしてから購入したいところですね。どれくらい料金の違いが出るのか知りたい人は脱毛サロンの人気ランキングサイトなどでチェックしてみると良いでしょう。参考までに私がこの前調べたサイトを載せておきますね♪
【参考】立川で人気の脱毛サロンランキング
http://xn--nckgn2sta0bbb9854hpi3a1l8awbq.com/

光脱毛はどれくらいの回数を通う必要があるの?

脱毛サロン毎に導入されている光脱毛機の種類が違うため施術する間隔も違ってきますが、最初は「1か月に1回」もしくは「2か月に1回」の施術と決められており、ムダ毛の量が少なくなってくると3か月に1回、半年に1回と徐々に間隔が空いていきます。脱毛で一番人気があるのはやはり「脇」ですが、多くの脱毛サロンでは6回、12回、回数無制限などのコースが設定されており、比較的太めのムダ毛が多いとされている脇の場合は6回では満足できずに追加料金を払って回数を追加する人が多いようです。例えば「部分脱毛費用が安い!」とインターネットの口コミでも有名な脱毛サロンの「ジェイエステティック」では脇の脱毛をする際、初めて利用する人は12回コース(5年間無料のアフターケア付き)が設定されています。特に脱毛初心者の人は「12回も通うのは大変だな」だと思う人がいるかもしれません。脇のムダ毛の1本1本には4か月という「毛周期」があって新しい毛に生まれ変わります。脱毛をして効果を得られるのは4か月のうち1か月もない「成長期」の時期の毛なのです。もちろん1度の施術の際にどの毛も成長期の毛ではないので、成長期以外の毛が成長期になるまで待って効果を出すためには12回程度の施術が必要になります。ただし4か月という毛周期にも個人差はあり、かなり稀なケースですが早い人では2~3回で、そして12回以下の回数でも満足できる人もいます。しかしほとんどの人が満足できるまでには12回程度の回数が必要です。回数が多いほど大変かもしれませんが、ぜひ通いやすい脱毛サロンを選んで根気よく通い続けましょう。最近の脱毛サロンでは美容効果の高いジェルでアフターケアをしてくれたり、キレイモのように痩せ効果が期待できるジェルを塗ってくれるところも増えています。回数が増えると確かに通うのが面倒に感じますが、「回数を重ねる度に美容や痩身効果が得られる!」と考えると通う回数なんて全く苦にはなりませんよね♪脱毛サロンを選ぶ時には脱毛と一緒にどんな効果が得られるのか、という点もしっかりチェックしておくとモチベーションも保てる事でしょう!

ムダ毛には毛周期があるため光脱毛は回数が必要

私達の体に生えている毛の1本1本に「毛周期」があります。成長期→退行期→休止期の3つの時期を1つのサイクルとして、男性よりも女性が長めの最大で6年程をかけて毛が生えて成長し、次第に弱くなって自然に抜け落ちていきます。もちろん全身の毛の1本ずつのサイクルが違うため、一度に大量に抜け落ちてしまうことはありません。そして脱毛をする際にはこのサイクルが重要になってきます。脱毛サロンで主に行われている「光脱毛」では「成長期」の毛に対して効果が得られます。例えば脇の場合は1サイクルが4か月程度、腕や脚は3~4か月程度、顔の産毛は1か月程度、一方でVラインは長めの3年程度をかけて新しい毛に生まれ変わります。この1サイクルのうち成長期の時期は2~3割だと言われており、1回目に施術した時には退行期や休止期の毛でも、2回目に施術をする際には成長期の毛で効果を得られるかもしれません。つまり全てのムダ毛をいつ脱毛しても効果が得られるわけではなく、回数が必要になってくるのです。ちなみに脱毛サロンで脱毛をする際、多くの所では最初に契約すると2か月に1度の施術で、例えばある部位の6回コースを契約すると2か月に1回なので1年通うことになります。施術回数を重ねてムダ毛の量が減ってきたらこの期間も3か月に1回、半年に1回になるかもしれません。脱毛サロンがムダ毛の量を見て次回の施術の時期を判断してくれるはずですので、根気よく通い続けましょう。

副作用の可能性がゼロではない光脱毛

エステで主に行われている「光脱毛」はお肌に優しいので肌が弱くて心配な人でも施術が可能です。しかし副作用の心配はゼロとは言い切れません。最も起こりうる副作用が「お肌の赤み」です。施術してすぐ、もしくは帰宅してからお肌が赤く、熱を持った状態になります。しかし遅くとも2日程度で治まると言われており、重大なものではありません。もし赤みを感じたら自分で化粧水などで保湿をしておくとよいでしょう。またお肌が日焼けをしていると施術後に「軽度の火傷のような状態」になることがあります。これは黒色のメラニン色素に反応する光がお肌の色に反応してしまった証拠です。施術前に日焼けの確認が行われますが、少なくとも脱毛期間中は日焼けをしないように注意しましょう。更に施術後に「毛穴が黒くブツブツと目立つ」という副作用を覚える人もいます。これは施術により毛穴が開いてしまった状態で、すぐに治まるはずです。いずれのケースもお肌を必要以上に触れることはやめ、いつまでも副作用が治まらない場合は脱毛サロンに早めに相談することが重要です。ちなみに脱毛サロンは病院ではないので医師はいません。肌が弱くて心配な人は必ず事前に相談すること、また最近では病院と提携した脱毛サロンが増えていて、施術後にもしトラブルが起こってもすぐに対応してもらえるので、このような脱毛サロンを選んでもよいかもしれません。光脱毛を行う際には他にも注意事項がいくつかあります。このような副作用を起こさないためにもカウンセリングの際に説明される注意事項はしっかりと守りましょう。

妊娠したら光脱毛はNG

結論から言えば妊娠した人は光脱毛も(その他の脱毛も)しない方がいいでしょう。そもそも光脱毛で利用される光はお腹の赤ちゃんに悪い影響を与えるものではなく、お腹やVIOラインなどお腹の赤ちゃんに近い所に光を照射しても問題ありません。しかし女性は妊娠すると「つわり」や「めまい」など急に体調が悪くなりやすいです。また脱毛では施術の際に少なからず痛みを感じることがあり、痛みのストレスはやはりママの身体にはよくないというのが理由です。また全身脱毛ともなると1回の施術で2~3時間程度無理な姿勢をすることもあり、体調を崩すことを防止するためでもあります。つまり直接な因果関係があるのではなく、念の為にやめておくという感じです。その他にも妊娠すると女性ホルモンのバランスが乱れ、体毛が濃くなったと感じる人が多いです。女性ホルモンのバランが乱れた状態で脱毛をしても十分な効果が得られないのも理由の一つです。いくつかの脱毛サロンのホームページを見ると「妊娠中・授乳中は施術ができません」と書かれているため、授乳を終えるまでの少なくとも数年間は脱毛ができないことになります。もし脱毛の期間中に妊娠した場合、脱毛サロンや病院では一時休会(延期)という措置を取るケースが多いです。しかし一部の脱毛サロンでは休止が出来ずに退会という所もあり、お金も返却されないケースもあるようです。妊娠の予定がある人は妊娠した場合の契約はどうなるかについてカウンセリングの際に確認しておくことが重要です。

光脱毛とレーザー脱毛はどう違うの?

脱毛サロンでは主に「光脱毛」が、そして皮膚科や美容外科などの病院では主に「レーザー脱毛」が行われています。ムダ毛が気になる部位に光脱毛では黒いメラニン色素に反応する「フラッシュ(光)」を、レーザー脱毛では「レーザー」を照射します。光脱毛で使われる光は毛を作る組織にダメージを与える程度ですが、レーザー脱毛では毛を作る組織を破壊することができます。もちろん両方とも1度の施術でムダ毛がなくなるわけではなく、回数を重ねるうちにムダ毛が次第になくなっていく仕組みです。しかしレーザー脱毛の効果の高さから同じ部位を脱毛する場合でも光脱毛の半分以下の回数で済みます。そしてレーザー脱毛は法律で医療行為と規定されていて「永久脱毛」ということもできますが、脱毛サロンの脱毛は永久脱毛とは言えません。次に気になる料金について、レーザー脱毛の方が効果が高い分料金は高くなり、人気の脇の場合は通常料金がレーザー脱毛は1回3,000円程、光脱毛の場合は3,000円程度で満足できるまで何度も処理してくれる所が多いです。ちなみに初めて利用する脱毛サロンや病院で1,000円前後の値段で満足できるまで脇脱毛をしてくれるプランのある所もあります。脱毛サロンか病院のどちらで脱毛をするか迷う人は多いと思いますが徹底的にムダ毛をなくしたいのであればレーザー脱毛、そしてお得な費用で脱毛したい人やとりあえず自己処理の回数を減らしたい人、またレーザー脱毛はパワーが強い分痛みを感じることもあるため、痛みに弱い人や肌が弱い人にはお肌に優しい光脱毛がおすすめです。